港区エリア(六本木・赤坂・麻布etc)で子どもにプログラミングを学ばせたいならココ!おすすめの教室を比較ランキングで紹介します!

【港区】子ども向けプログラミング教室ランキングTOP3!

港区エリアでおすすめの子ども向けプログラミング教室をランキングで紹介!

アプリやゲームがあふれる世の中で、ITとものづくりのコラボレーションが主流となりつつあります。そんなITに関する仕事は将来性があり、需要も高まっていくと予想されます。

そこで現在、子どもの習い事の一つとしてもプログラミング教室が注目を浴びていることから、今回は子ども向けのプログラミング教室についてお伝えします。港区エリアで特におすすめのプログラミング教室をランキング形式で紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

また、ランキングは、数ある港区の子ども向けプログラミング教室の中から、特におすすめの教室を厳選し、その上、WEBアンケート調査を実施した上で順位を決定したものとなっています。

【港区】子ども向けプログラミング教室ランキング一覧!

コトミライの画像1
プロフェッショナル監修の3歳から学べるプログラミングスクール
おすすめポイント

Point①. 年中からプログラミング学習が可能

Point②. 3歳からでも参加できるトイスポット

Point③. 受講生の満足度が高い

CotoMirai(コトミライ) の基本情報

対象年齢 幼児(3歳)~小学6年生
おすすめコース プログラミングトイスポット
対象年齢:年少〜小学2年生
定員:8組(親子参加)
レッスン時間:90分
会社情報 会社名:株式会社コトイズム
住所:〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル2階
問い合わせTEL:050-3442-5701

プログラミングスクール CotoMirai
東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル2階


CotoMirai(コトミライ)は、ユニークなあそびを取り入れた易しいレベルから本格レベルまでの難易度別のプログラミングコースが用意され、3歳からでもプログラミングに触れることができるため、兄弟での通学も可能です。性別に関係なく楽しめるカリキュラムにより、受講生の満足度が高い点も特徴の一つです。

講師陣は、現役のITコンサルタントやエンジニア、おもちゃコンサルタントの資格所有者などバラエティー豊かで指導力の高い、優秀な人材が勢揃いしています。

CotoMirai(コトミライ)の口コミ

教材の質が非常に高い

息子たちがプログラミングに精通してる講師から遊びを通じてプログラミングを学んでいます 私もIT関係で働いていますが、 見たところ、教材の質が非常に高い。 今後はプログラミング学習が当たり前と言われているので、こういったスクールが近くにあり助かりました!

引用元:https://www.google.com/

5歳の息子が楽しく通っている

5歳になる息子にマンツーマンで プログラミング思考について、 ゲーム感覚で楽しく教えて頂いています。 通ってから、かれこれ4ヶ月になりますが、 息子も楽しそうに毎週通っています。 これからも通わせるつもりです。

引用元:https://www.google.com/

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像1
児童教育の歴史と実績から生まれた教室
おすすめポイント

Point①. 楽しく達成感のある学びを追求したオリジナル教材

Point②. パソコン初心者から言語によるプログラミングができるまで成長するおすすめの3年間の受講

Point③. 謎解きからスタートし、子どもが自発的に考え、試行錯誤することに重点を置いたカリキュラム

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室 の基本情報

対象年齢 小学3年生以上
おすすめコース ベーシックコース(1年目)
対象:小学校3年生~
定員:不明
レッスン時間:90分
会社情報 会社名:ヒューマンアカデミー株式会社
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-10オークラヤビル5階
問い合わせTEL:0120-01-0556

浅草橋 修明学園
東京都台東区柳橋1-26-3


ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室は、国内シェアNo.1の「ロボット教室」を始めとしたさまざまな学びの場の提供により培った経験を生かし、子どもが自分から通いたくなるノウハウを散りばめたプログラミング教室です。謎解きからパソコン操作を習得し、プログラムの作成や改造、ゲームの作成というような形で、パソコン初心者からプログラミングができるようになるまで段階的に丁寧な授業を行い、上級者向けの学びを自然に体感できるカリキュラムになっています。

プログラミング初心者の「好き」を生み出し、言語によるプログラミングができるようにしていきます。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の口コミ

子どものやる気を引き出してもらえる

子どもがやる気になるような「お!すごいねー!○○くんが、ここを動かしたことによって、こんな動きが出来るようになったね。組立が早いね。」と声をかけていただきながら進めることにより、子どものやる気を引き出してもらえると感じました。丁寧でわかりやすい説明でした。前後の挨拶「こんにちは、宜しくお願いします。ありがとうございました。」も、きちんと先生と生徒で行う方針のようで良いと思いました。

引用元:https://coeteco.jp/

子供の成長に良いと感じた

プログラミングソフトに関しては詳しくないが、パソコンに慣れ、プログラミングの考え方を学べ、また毎回振り返りを行い、何ヵ月かに一度発表し、子供の成長に良いと感じた。 スクラッチというプログラミングソフトで、フリーソフトで一人でもできるのかもしれないが、しっかり基礎から覚えさせたかった。次年度以降の展開がもう少し詳しく知りたい。

引用元:https://coeteco.jp/

リタリコワンダーの画像1
制作環境を選択できる、IT×ものづくり教室
おすすめポイント

Point①. 最初の授業からロボットやゲームを「つくってみる」がスタート

Point②. 「IT×ものづくり」として、最新テクノロジーを活用したものづくりコース

Point③. 講義形式ではなく、個々で制作を進めていく制作環境

リタリコワンダー の基本情報

対象年齢 年長~高校生
おすすめコース ゲーム&アプリプログラミングコース
対象年齢:年長~高校生
定員:不明
レッスン時間:教室受講90分・オンライン受講60分
会社情報 会社名:株式会社LITALICO
住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F/20F
問い合わせTEL:0120-990-080

LITALICOワンダー 青山
東京都港区南青山1-10-4 南青山NKビル2F


リタリコワンダーは、決まった講義の形がなく、一人ひとりの子どものペースに合わせて「つくってみる」からスタートすることで自由な創造力を促し、プログラミングやロボット製作、3Dプリンタなどを制作していく「IT×ものづくり」教室です。自分でアイデアを生み出し、考え、試行錯誤をしていくことで子どもたち自身で答えを導き出していきます。

4名の子どもに対して1名のスタッフがつくという形をとっており、あえて担当スタッフを決めないことで、さまざまなスタッフのアドバイスを聞くことができるような学習環境となっています。

リタリコワンダーの口コミ

良かったところ

ひとりひとりに合わせて、オーダーメイドで授業を進めてくださること。苦手な子も得意な子も、楽しんで授業に参加出来そうだと思います。

引用元:https://coeteco.jp/

良かったところ

先生の雰囲気が良かった。授業時間が終わりだったのですが、子供のやりたいが止まらなかったのを無理やりお終いにせずにやらせてくれたこと。一回の授業である程度の達成感がうまれそうな所。

引用元:https://coeteco.jp/

リトルハッカーの画像1
ゲーム制作中心の英語も学べるプログラミング教室
おすすめポイント

Point①. ゲーム制作中心のプログラミング学習

Point②. 英語でのプログラミングレッスンが受けられる

Point③. 国内外のプログラミングコンテストあり

リトルハッカー の基本情報

対象年齢 小学1年生~大人
おすすめコース Scratchプログラミング
対象年齢:小学1年〜6年生
定員:不明
レッスン時間:60分
会社情報 会社名:株式会社インフォアスリート
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番3-6-2 NS麻布十番ビル6階
TEL:03-6809-6219

リトルハッカー麻布教室
東京都港区麻布十番3-6-2 NS麻布十番ビル 6階(株式会社インフォアスリート オフィス内)


リトルハッカーは、本気でプログラミングを学びたい小学生向けのプログラミング教室です。ゲーム制作を中心として、初心者から自らの力で、ゲーム制作だけでなくWebシステム作りにも挑戦できるコースが用意されています。

また日本だけではなく、シンガポールとカナダにも教室を展開しており、グローバルな教育環境を備え、国内外でのプレゼンテーションやプログラミングコンテストの開催もあります。そして授業がすべて英語で行われるプログラミングコースもあるため、英語も学ぶことができます。

STEMON(ステモン)の画像1
感覚や実体験で学ぶことを重視している本格的な教室
おすすめポイント

Point①. 世界で有名なプログラミング教育ソフト「Scratch」の開発に携わった経験者がオリジナルカリキュラムを開発

Point②. 世界中のさまざまな教材メーカーから独自に輸入する最先端教材を使用

Point③. プログラミングだけではなく幅広い理系分野を学べる

STEMON(ステモン) の基本情報

対象年齢 年中~中学生
おすすめコース STEM教育コースキンダリークラス
対象:年中~年長
定員:不明
レッスン時間:50分(一部の教室で60分)
会社情報 会社名:株式会社ヴィリング
住所:〒167-0032 東京都杉並区天沼3-12-10 エノモトビル3
問い合わせTEL:03-6915-1324

ステモン赤坂校
東京都港区赤坂9-2-16(イートンハウスインターナショナルプリスクール内)


STEMONは、ものづくりを通してプログラミングだけではなく、理数ITを総合的に学ぶことができる日本初のプログラミング&STEM教育スクールです。STEMON教育の第一人者は、プログラミング教育ソフトの「Scratch」の開発に携わった経験があり、STEMONのオリジナルカリキュラムの開発を行っています。

また講師陣はアジアSTEM教育連盟が規定しているトレーニングを受けたインストラクターが担当し、2015年には小学3年生から6年生のプログラミング授業を担当するなど公教育の実績があります。

STEMON(ステモン)の口コミ

子供の意見を尊重してくれる

子供を見守り、意見を尊重して頂いてる感じがしてとても良かったです。否定する事なく子供の発想に寄り添っている様に見えました。

引用元:https://coeteco.jp/

いつもより高度な内容をさせてもらえた

scratchをやらせてもらいました。 学校などでやったことがあったのですが、いつもやってることより、高度な内容をさせてもらえたようなので、良かったです。 学校などでやったことがあったので、先生が作ったプログラムを見ながら、どんどんやっていて楽しそうでした。

引用元:https://coeteco.jp/

プログラミング教室の一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
スクール名コトミライヒューマンアカデミー
こどもプログラミング教室
リタリコワンダーリトルハッカーSTEMON(ステモン)
特徴・3歳から通える!
・コース種類と難易度が豊富
・少人数制でしっかりと指導
教材監修者は、Railsプログラマーとして2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞を受賞テキストや動画など学び方が選べる多様な教材Scratchでプログラミングした簡単なゲーム例などの無料ダウンロード可能東京都プログラミング教育推進事業者(2018年・2019年)に2年連続、選ばれた公教育実績豊富なスクール
コース情報プログラミングトイスポット、はじめの一歩コース、タブレット(ビスケット)コース、タブレット(SCRATCH Jr)コース、KOOV®︎コース、Scratchコースベーシックコース(1年目)、ミドルコース(2年目)、アドバンスコース(3年目)ゲーム&アプリプログラミングコース、ゲーム&アプリエキスパートコース、ロボットクリエイトコース、ロボットテクニカルコース、デジタルファブリケーションコーススクラッチプログラミング、Goプログラミング、WebプログラミングSTEM教育コース(4クラス)、プログラミング&ロボティクスコース
料金【未就学児】
3,000円(事前ウェブ決済の場合500円引き)
【年中・年長】
入学金:8,000円
月謝:8,000~9,600円
【小学生】
入学金:9,800円
月謝:1万6,500円(機材レンタル料込み)
※KOOVコースは初回のみキット購入料4万9,800円
入会金:1万1,000円
授業料:月額9,900円
教材費:月額660円
バッグ・バインダー代(入会時のみ):2,200円
入塾金:1万5,000円
授業料:1回につき5,250円~(月8回の場合の金額)
※受講は月4回以上が必須。オンライン受講の場合は料金が異なる。
月会費:1万7,000円【STEM教育コース】
キンダリークラス:7,800円
ベーシッククラス・アドバンスクラス:9,800円
キッズエリートクラス:
1万800円
【プログラミング&ロボティクスコース】
1万3,800円
教室・通学方法1つ
通学またはオンライン
全国300教室以上
通学(オンライン通学不明)
全国17都道府県に多数展開
通学またはオンライン
3つ
通学またはオンライン
全国約80教室
通学またはオンライン
体験レッスン無料(通学またはオンラインレッスン)料金の記載なし(通学またはオンライン)無料(通学またはオンラインレッスン)有料(通学またはオンラインレッスン)無料(通学のみ)
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

その他プログラミングスクール一覧紹介

クレファス芝浦校

クレファスの画像

基本情報
住所 東京都港区芝浦3-15-6 島倉田町ビル4階
公式サイトURL
https://crefus.jp/
プロキッズ御成門校

プロキッズの画像

基本情報
住所 東京都港区新橋6-18-3 中村ビル1階
公式サイトURL
https://prokids.jp/
ぷろぐら

ぷろぐらの画像

基本情報
住所 東京都港区芝浦3-17-12 吾妻ビル1階
公式サイトURL
http://www.progra.tech/
プロスタキッズ品川校

プロスタキッズの画像

基本情報
住所 東京都港区高輪4-21-9 2階
公式サイトURL
https://kids.programming-study.com/
ファイトキッズクラブ

ファイトキッズクラブの画像

基本情報
住所 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟12階
公式サイトURL
https://www.knowledgewing.com/oc/fkids/

ここでは、プログラミングの現状や子ども向けプログラミング教室の内容、通うことでのメリット、プログラミング教室を選ぶポイントなどをまとめました。プログラミング教室に通おうか迷っている方やこれから通おうと思っている方などは、ぜひ一度目を通していただき、知識の一つにしてもらえたらと思います。

【2020年必修化】最新のプログラミング事情



プログラミングは近年、活発な動きを見せています。なぜプログラミングが注目されているのか、学習体制の変化はどのようなものなのかなどについてお伝えします。

ここでは、日本における最新のプログラミング事情について3つに分けて紹介していきます。

【2020年】プログラミングの必修化

2020年から新学習指導要領が適用になり、小学校でのプログラミング教育が必修化されました。学習指導要領は文部科学省が示すカリキュラム編成基準のことで、約10年ごとに改定が行われ、その時代に合った内容が盛り込まれています。

プログラミングの必修化により、コンピュータを使えるようにするだけでなく、仕組みや原理を知ることで能動的に使えるようにすることを目標としています。またプログラミングの体験だけでなく、「みらプロ」という企業と連携し、総合的な学習時間の中で「社会でプログラミングがどのように使われているのか」を伝え、プログラミング体験から理解を深めて、生徒一人ひとりの課題への取り組みを支援していく活動も行っていきます。

プログラミングのトータル学習時間は約35時間分を用意し、みらプロでは協力企業が、企業訪問や講師派遣、教材提供で総合的な学習時間の一部をサポートしていきます。また文部科学省では、教育現場で利用するパソコンや無線LANなどのICT環境を整えるための費用の引き上げも行われ、生徒、教師一人ひとりにつき1台のパソコン支給、超高速インターネットと無線LANの100%整備、ICTの支援員を4校に一人ずつ配置することなどが目標とされています。

そのため、国をあげてプログラミング学習の積極的な支援が今後も行われていくと考えられます。それだけプログラミングは国から必要とされている学習であるとも言えるでしょう。

【IT人材の不足】

パソコンやスマートフォンが当たり前になり、インターネット社会がますます活性化している現在は、今後もIT業界の成長が期待されています。日本政府としても力を入れていきたいIT業界ですが、現状ではIT人材が不足してしまっています。

2016年の6月に経済産業省が発表した調査結果によると約17万人ものIT人材が不足していることが明らかになっています。また2019年を境として、IT業界の人口が減少すると予想されており、IT業界の退職者が入居者を上回ると言われています。

このままいくと2030年には約59万人以上のIT人材不足になってしまうと考えられているのです。一方、「働き方改革」により、業務の効率化システムやビジネスサービスなど課題解決型のIT活用が今までは多く、今後も増えることが予想されますが、それだけではなくIT技術から新しい価値やビジネスを創出するもの、価値創造型のIT活用の活躍が期待されるようになると言われています。

またIT業界は時代の流れとともに成長スピードが早く、それに伴ったスキルを常に身につけていく必要があるため、体力勝負な面があることや、給与に対する満足度が低いことからも人材不足となっている原因の一つと考えられます。IT業界の需要性が今後も伸びる一方で、日本国内では不足している現状を打破するためにも、プログラミング学習の必修化に取り組んでいるのでしょう。

【受験科目へ追加される可能性がある】

プログラミングの必要性が求められている今、受験科目にも追加される可能性を秘めています。実際に私立中学の入試科目の一つにプログラミングを導入している学校もあります。

また大学入試では、文科省が2024年の大学入学共通テスト(大学入試センター試験)で、プログラミング教育を反映した「情報Ⅰ」の出題を検討しています。まだ大学の一般入試科目にプログラミングが積極的には導入されていませんが、AO入試や推薦入試の一つとしてプログラミングの導入を検討している大学もあります。

今すぐに受験科目の主流とはならないですが、徐々に中学や高校、大学試験の受験科目になる可能性が高く、より一層プログラミング学習が大切になってくると考えられます。

最新のプログラミング事情についてお伝えしてきましたが、人材不足のIT業界は狙い目であり、国からも期待され、必要とされている将来性のある仕事の一つでした。また必修科目となり、受験科目にも追加されるプログラミングだからこそ、子どものころからプログラミング教室に通い、学習しておくのは非常にメリットであると言えるでしょう。

港区にも子ども向けのプログラミング教室は増えてきているため、習い事の一つとしてプログラミング教室に通ってみることをおすすめします。

【最新のプログラミング事情ポイントまとめ】

・2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化
・今後も需要が増え続けるIT業界の人材不足が、2030年には約59万人以上と予測されている
・2024年の大学入学共通テストにてプログラミング教育を反映した「情報Ⅰ」の出題が検討されている

子ども向けプログラミング教室とは?



子ども向けのプログラミング教室とは、「あそび」を通して最新テクノロジーに触れることで論理的な思考を身につけ、「ひらめき」をプログラミングという形にしていく学びの場です。今後の社会において創造的であることが人間に求められることのため、テクノロジーと共存して生きていくために必要な学習となることでしょう。

子ども向けのプログラミング教室には、大きく分けると2つあり、ロボット製作とプログラミングをコラボさせた「ロボット・プログラミング教室」、プログラミングを主に学ぶ「プログラミング教室」があります。主な授業内容としては、ロボット・プログラミング教室は、ロボットを思いのままに動かすためにプログラミングを学び、プログラミング教室は、パソコンからゲームやアニメーションの作成、改造のためにプログラミングを学ぶという形になります。

2013年までは9割がロボット・プログラミング教室となっていましたが、最近ではプログラミング教室の数が増え、2023年には全体の4割となり、プログラミング教室が主となることが予想されています。子どもたちにとってプログラミングは難しいという印象を持たせず、初心者でも好奇心や興味を引き出す学びの空間とする授業内容となっていることが多いでしょう。

【子ども向けのプログラミング教室ポイントまとめ】

・「あそび」からプログラミングを学び、論理的思考を身につける
・大きく分けると「ロボット・プログラミング教室」「プログラミング教室」の2つある
・今後はプログラミング教室が主流となる

子ども向けプログラミング教室に通うメリット



近年、子どもの習い事として人気を誇る「子ども向けプログラミング教室」ですが、自分の子どもにも通わせるべきなのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実際のところどんなメリットがあるのか把握しておきたいと思う方も多いことでしょう。

そこで今回は、子ども向けプログラミング教室に通うことでのメリットを大きく3つに分けて紹介していきます。

論理的思考が鍛えられる

プログラミング学習で得られることの一つとして、論理的思考、いわゆる自分で考える力が鍛えられます。例えば、コンピュータ上でとある目的を達成するためには、的確な指示を出していく必要があります。

コンピュータは曖昧な命令では動いてくれないため、段階的に順序立てて正しい指示を出し、プログラミングしていくことで目的を達成できます。そのため、プログラミング学習を行うことで、ゴールに向かうための道筋を各ステップに分けて考え、どのようにしたらゴールにたどり着けるのかの正しい道筋を考えられるような思考が身についていくのです。

またゴールにたどり着けなかった場合にも、どのステップをどのように変えれば良いのかを自分で考えていくことで自然と論理的思考が鍛えられていくことでしょう。

集中力が鍛えられる

プログラミング学習は、自分で考えていくことが主となるため、集中力が必要になります。しかし、集中力というのは、子どもが夢中にならなければ生まれることは難しいでしょう。

そのため、あくまでも学習させられているという強制的な感覚ではなく、楽しいという気持ちから思わず没頭してしまうという自主的な学習の形であるからこそ集中力が鍛えられます。子どもたちが目的を達成させたいもののためにプロセスを自分の頭で考え、実行していくためにプログラミングを用い、試行錯誤を繰り返すうちに知らぬ間に時間が経過している状況が創り出されていくことから、プログラミング学習は結果的に集中力が鍛えられるようになるのでしょう。

将来の可能性が広がる

プログラミングは受験科目の一つになる可能性を秘めており、実際にすでに取り入れている学校も存在します。またプログラミング学習から得た論理的思考や集中力は子どもが将来、社会に出たときに必ず役に立つ能力となります。

論理的思考が身につくことで、問題解決力も身についていき、何か壁にぶち当たってしまったときでもその都度、自分で考え、解決していく力を育んでいくことができます。こうした力は、日本のIT人材不足の現状において非常に重宝されることでしょう。
日本だけでなく、今後も世界的に需要が高まり続けると予想されているソフトウェア関連業界では必須な役立つ力と言えます。またプログラミングの技術や思考を学ぶことで、将来何かのテクノロジー開発者にもなり得る可能性も秘めています。

そのため、受験や就職、将来の職業選択の幅が広がると言えるでしょう。

今回は子ども向けプログラミング教室に通うメリットについて紹介しました。プログラミング学習は、社会で生きていく上で役立つ重要な論理的思考能力や集中力、社会で求められている需要と合致することなどが挙げられました。

子どもの習い事としてプログラミング教室を検討している方にはぜひおすすめしたいと思います。

【子ども向けプログラミング教室に通うメリットポイントまとめ】

・目的達成のためのプロセスを自分で考えていく論理的思考が鍛えられる
・楽しさからくる自主的に取り組む集中力が鍛えられる
・受験でも就職でも求められているニーズと合致しているため、将来の可能性が広がる

子ども向けプログラミング教室の授業内容って?


子ども向けプログラミング教室ではどのような授業が行われているのでしょうか。教室によって扱う教材や指導方法などは異なりますが、主にどのような内容を学ぶことができるのかをここでは紹介していきます。

Scratch(スクラッチ)&ScratchJr(スクラッチジュニア)

Scratchは、小学生向けのプログラミング学習で多く利用されており、本格的なプログラミングを学ぶ前の入門編として、子どもたちが簡単に楽しく学習できることを一番に考慮して、アメリカの有名な大学であるマサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したものです。そのため、複雑なソースコードを使わず、カラフルなブロックを組み合わせていくことでプログラミングを行える、いわゆるビジュアルプログラミング言語です。

ブロックの色は8色で、それぞれの機能が指示する種類によって色分けされており、それらのブロックをつなぎ合わせていくというブロック遊びの感覚でプログラミングを学べます。順序を変更したり、付け足したりするトライ&エラーも容易で、ゲームやアニメーション、プレゼンテーション、ストーリーなども自由自在に作ることができます。

ScratchJrは、3歳から7歳の子どもでも使えるプログラミングアプリであり、Scratchを容易にしたものです。タブレットで使うことができ、好きなキャラクターを選び、ブロックを組み立てていくだけでアニメーションやゲームを作ることができます。

ロボット教材

ロボット教材は、プログラムを使ってロボットを思いのままに動かすもので、教材によってさまざまですが、ロボットがすでに準備されており、プログラムを組んでロボットを動かすものや、ロボットの各パーツを組み立てて、プログラムを組み、ロボットを動かすものなどがあります。各パーツを組み立てていくものであれば、画面上でプログラミングを作成して動かすだけではなく、ロボットを作っていく楽しみも生まれます。

また自分が作り上げたロボットをプログラミングで動かすことで成果が目に見えてわかるため、子どもが長く楽しめる学習と言えるでしょう。教材によってはコードを記述する本格的なプログラミング言語を学ぶことができるものもあるため、初心者から上級者までプログラミングを学ぶことができます。

パズル・ゲーム

パズルやゲームでのプログラミング学習では、レゴなどをプログラミングで動かすためにブロックをつなげていくものや、大人気の「マインクラフト」というゲームを用いたプログラミング教室などがあります。

ブロックを組み立ててレゴをプログラミングで動かすときには、正しいブロックのつなぎ方が必要となり、パズルを解いているような遊び感覚で学習できます。

一方、マインクラフトは、プログラミングを使って自由にブロックを配置、組み合わせていくことでものづくりやミッションなどを楽しむことができます。マインクラフトは親子やチーム戦などで問題解決を行うこともあるため、自然とコミュニケーション能力も身につきます。

スマホアプリ開発

スマホのアプリ開発のプログラミング教室は、本格的なプログラミングが学べます。スマホのOSによって適切なプログラミング言語も異なってくるため、プログラミングの基礎から応用まで幅広く学習できます。

そのため、プログラミングへの興味関心が高い子どもに人気だと考えられます。

今回は、子ども向けプログラミング教室の授業内容について紹介しました。こども向けプログラミング教室ではいろいろな角度からプログラミングを体感し、学んでいくことができます。

それぞれの子どもが興味や関心を抱きやすいものを選択して学習することで、プログラミングを楽しんで学び始めるきっかけになるのではないかなと思います。

【子ども向けプログラミング教室の授業内容ポイントまとめ】

・ブロックを組み立てるだけで学べるScratch&ScratchJr
・プログラムでロボットを思いのまま動かして学べるロボット教材
・レゴやマインクラフトを用いた遊び感覚で学べるプログラミング
・プログラミングの基礎から応用まで学べるスマホアプリ開発

子ども向けプログラミング教室を選ぶポイント



子どもにプログラミングを習わせたいなと思ったときに、重要となるのが教室選びです。せっかく通わせるのであれば、しっかりとプログラミングが身につく教室が良いですよね。

そこで今回は、子ども向けプログラミング教室を選ぶポイントをまとめましたので、紹介します。

授業内容

子ども向けプログラミング教室を選ぶ上でまず大切なのは、授業内容です。通う教室によって学習内容は異なり、自発的な学びを主としているところやカリキュラムに沿った授業を行っているところなどさまざまですが、一番大切なのは子どもが楽しめるかどうかです。

子ども一人ひとりのレベルや興味に合った多様な授業内容があることや、年齢や学年に合わせた多彩な授業内容があることなど、プログラミングを学ぶことが楽しいと心から子どもが思える学習環境が整えられていることは大切になります。難易度が高ければ良いのではなく、一人ひとりの学習ペースに合わせた学びができる空間があることで継続して学んでいくことができます。

プログラミングの座学だけではなく、実際に手を動かして体感する授業を行うことや親子で学べる授業内容があることで子どもの興味や関心が広がります。そして継続的に学んでいくことでしっかりとプログラミングが身につく内容になっていることが大切でしょう。

授業を受ける生徒数

次にプログラミングの授業を受ける生徒数についてですが、教室によってはマンツーマンや少人数、大人数などさまざまです。子どもの性格にもよりますが、少人数制が一番おすすめできます。

生徒数が少ないことで、一人ひとりをしっかりと認識し、教えてもらえる環境が整うため、自分のペースで学習していくことができ、理解が深まります。また他の生徒がいることで自分とは違う発想や考えを知ることができ、刺激にもなります。

そのため、一人ひとりに合わせた学習ができるとともに切磋琢磨できる面もある少人数制を取り入れている教室を選ぶことがベストであると考えられます。

先生の質・相性

次に先生の質や相性についてですが、そのプログラミング教室では誰が教えてくれるのかという点や実際の子どもとの相性の良さがポイントとなります。例えばプログラミング教室を運営している人は実績があるとしても、肝心なのは生徒へ実際に教える先生の質が重要となります。

また子どもとその先生の相性が悪いと学ぶ意欲が削がれてしまい、継続して通うことも難しくなってしまうことでしょう。そのため、体験レッスンがあるプログラミング教室をピックアップし、実際に授業を体験してみた中で、実績や指導力のある先生が在籍し、子どもとの相性が良い教室を選ぶことがベストでしょう。

料金

次に料金についてですが、プログラミング教室へ通うときには授業料の他にも入会金やテキスト代などがかかることも多いです。そこで着目したいポイントは、授業内容と料金が見合っているかどうかです。

安ければ良いということではなく、カリキュラムに相当する月謝であるのかが一番大切になります。もちろん家計との兼ね合いも考えていかなくてはならないため、無理なく継続できる料金であるのかもチェックしておく必要がありますが、授業内容を理解した上で料金を見比べることをおすすめします。

Scratch(スクラッチ)&ScratchJr(スクラッチジュニア)の有無

最後にScratchやScratchJrの有無についてですが、プログラミング教室を選ぶときにはScratchやScratchJrを教えている教室を選ぶことがおすすめです。子どもでもプログラミングを学ぶことができるScratchとScratchJrは、初心者の子どもにとっては必要であり、この2つがないとプログラミング学習を始めるにはハードルが高くなってしまいます。

現状としてScratchを教えている教室は多いですが、ScratchJrを教えている教室はまだそれほどなく、Scratchだと難しく感じてしまう子どももいるのでScratchJrを提供している教室を選ぶとより良いでしょう。プログラミングを学ぶハードルを下げ、最初は簡単に楽しく遊びながら学べるScratchJrからプログラミング学習を始めてみることをおすすめします。

今回は、子ども向けプログラミング教室を選ぶポイントについて紹介しました。子どもが楽しめる授業内容であることや少人数制、実際に教えてくれる先生の指導力の高さや子どもとの相性、授業内容に見合った料金であること、ScratchJrを教えてくれる教室であることなどが重要でした。

子ども向けプログラミング教室を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

【子ども向けプログラミング教室を選ぶポイントまとめ】

・子ども一人ひとりに合った楽しめる授業内容であること
・理解を深められて切磋琢磨できる少人数制の授業であること
・実績や指導力のある先生が教えてくれる質の高さと子どもとの相性が良いところ
・授業内容に見合った料金であるところ
・Scratchを教えてくれるところでも良いが、できればScratchJrを教えてくれるところ

 

 

記事一覧

ITに関する仕事は、これからどんどん仕事の需要が高まっていくといわれています。最近、人気の高い子どもの習い事の一つにプログラミング教室があります。教室によってカリキュラムはさまざまですが、は ・・・[続きを読む]
港区の子どもプログラミング教室はおすすめです。港区で子育てをしているならば、ぜひ利用するべきでしょう。授業内容が優れているため安心して通わせることができますが、ここで紹介したいのがオンライン ・・・[続きを読む]
東京にはいろいろな塾がありますが、渋谷区や港区にはさまざまな子どもプログラミング教室があります。どれも気軽に通うことができる塾で、中には親子でレッスンを受けることができるとこもあるので便利で ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:Tokyo Coding Club 株式会社 TEL:03-4510-6178 港区にある東京コーディングクラブは、プログラミング能力と英語能力を同時に身につけることができ ・・・[続きを読む]
港区では子どもプログラミング教室に通わせる親御さんが増えています。港区に子どもプログラミング教室が増えていて、学びやすい環境が整ってきていることもその理由です。子どもプログラミング教室で学ば ・・・[続きを読む]
現在、プログラミング教育が授業科目として義務化される動きが進んでいるため、子どもたちの間で子どもプログラミング教室なる専門教室が多く開かれています。プログラミング教室では教材を使用してプログ ・・・[続きを読む]
小学校で2020年4月から、計210時間のプログラミング学習が必須化されました。全国各地にも数多くの子どもプログラミング教室が次々と開校しており、幼いお子さんに対してハイレベルなコンピュータ ・・・[続きを読む]
プログラミング教育が小学校で必修化されることが決定しています。プログラミングという言葉を聞いたことはあるけど、実際にどのようなことを学習するのか具体的にはわからないという人もいるでしょう。実 ・・・[続きを読む]
将来はIT業界で働かせたい、何か習い事をさせたいなどさまざまな理由で我が子を子どもプログラミング教室に通わせようと思っている親御さんは多いです。ただ、子どもに過剰な期待を背負わせては、上手く ・・・[続きを読む]
港区には、子どもプログラミング教室が数多くあります。子どもプログラミング教室は人気が高まっていますし、学校の授業でも必修科目となりました。子どもプログラミング教室に通わせることで、子どもの可 ・・・[続きを読む]
2015年以降、全国各地で子どもプログラミング教室が次々に開校しています。これは2020年4月から小学校でプログラミングの授業が必須化なされることを受けて、大手教育会社が新たにカリキュラムを ・・・[続きを読む]
現代社会において生活の中にはITが深く入り込んでいるため、プログラミングはこれから先も需要がなくなるということはないでしょう。だからこそ将来を見据えてお子さんにプログラミングを習わせたいとい ・・・[続きを読む]
【詳細】 運営:SB C&S株式会社 スクール名:STELABO 住所[汐留校]:東京都 港区 東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング内 Pedi汐留 B2F TEL:0120-41 ・・・[続きを読む]
【詳細】 運営:吾妻テクノス株式会社 スクール名:ぷろぐら 住所:東京都港区芝浦3-17-12 吾妻ビル1階 TEL:03-5419-3329 港区芝浦にあるぷろぐらは、小学生を対象とする子 ・・・[続きを読む]
【詳細】 スクール名:トライ式プログラミング教室 住所[広尾ガーデン校]:南麻布4-1-29広尾ガーデン3F TEL:サイト内問い合わせフォーム有り 港区にあるトライ式プログラミング教室は、 ・・・[続きを読む]
【詳細】 運営:株式会社グローバルキャスト スクール名:バレッドキッズ TEL:0120-77-8088 東京都港区には子ども向けの習い事が多くありますが、その中でも最近注目度が高まっている ・・・[続きを読む]
2020年4月から、小学校でプログラミングの授業が必須化されました。日本では他の先進国に比べて、子どものIT技術教育が遅れていましたが、今後は幼い頃からコンピューターに触れることで、世界的に ・・・[続きを読む]