港区エリア(六本木・赤坂・麻布etc)で子どもにプログラミングを学ばせたいならココ!おすすめの教室を比較ランキングで紹介します!

子どもプログラミング教室のカリキュラム内容

公開日:2020/11/15  最終更新日:2021/01/19

2020年4月から、小学校でプログラミングの授業が必須化されました。日本では他の先進国に比べて、子どものIT技術教育が遅れていましたが、今後は幼い頃からコンピューターに触れることで、世界的に誇れるIT技術者が数多く誕生していくことでしょう。ここでは、子どもプログラミング教室の概要とカリキュラムについて詳しく見ていきます。

そもそもプログラミングとはどういったものなの?

日本だけでなく、今では世界中でインターネット網が整備されてきました。世界各地で起きているニュースをリアルタイムで知ることができ、世界中の方々とテレビ電話を利用して交流を持つこともできます。これらのサービスを利用するには必ず、パソコンやスマートフォンといった情報端末が必要です。情報端末にはアプリケーションという基本ソフトが組み込まれていますが、このソフトのもとになっているのがプログラムです。

平たくいえば、プログラミングとは情報端末を動かすための基本設計図ということになるでしょう。一般的にはC言語というコンピューター用語で構成されているため、必要なカリキュラムを受けていないとプログラミングを駆使できません。

東京都港区には2020年9月時点で、計28件の子どもプログラミング教室が開校しています。ここでは、3歳から12歳までの児童を対象にしたプログラミングのカリキュラムが用意されており、年間約1,000名の子ども達が学んでいるそうです。幼い頃からコンピューターに親しむことで、自然とプログラムを構築する能力が身につき、高いITスキルを発揮できることでしょう。

コンピューターの基礎となるシステムを理解することは、自身でもアプリケーションなどを設計できるので、論理的な思考を育成することも可能です。子どもはもちろんのこと、大人も学ぶ価値があるものといえるでしょう。

港区内の子どもプログラミング教室の概要と特徴

東京都の中心部に位置する港区では、区内に計28の子どもプログラミング教室があります。2010年に第一号となる教室が開校し、これまでに約3,400名もの子ども達が港区内の教室でプログラミングを学んできた実績があるそうです。この教室数はほかの自治体と比べると非常に多くなっていますが、これは港区内に有名進学校が点在していることが起因しているでしょう。

計3つの有名私立小学校では2009年からプログラミングを授業に取り入れていて、文科省が必須化する前から高い教育を実施されていました。学校の授業だけでは学べない点を、子どもプログラミング教室でサポートしていたため、多くの教室が開校するに至ったようです。

実際に港区内にある子どもプログラミング教室の概要を公式ホームページで確認すると、年齢別にクラス分けをなされていることが伺えました。3歳から5歳の幼児に対しては、保護者と一緒にブロックを用いたシステム構築を行っています。論理的思考を身に付けさせるのによいだけでなく、保護者も一緒に基礎構築のスキルを身に付けられるのがポイントです。

小学生以上になると、パソコンを駆使したプログラムを行い、AI技術を用いたロボットの作成・スマートフォン用のアプリの製作がカリキュラムに含まれています。本格的なプログラミングの指導を実施しており、ハイレベルな教育を受けられることでしょう。

子どもプログラミング教室に通う時に必要なもの

実際にお子様を子どもプログラミング教室に通わせている方は、港区内では非常に多くなっていて、新たなお稽古事として確立されているといえます。これから我が子を教室に通わせて、学校の授業の予習・復習に役立たせたいという方もいらっしゃるでしょう。通わせる前に気になるのが、自宅で用意しなくてはいけないものが何なのかということです。

インターネットで「子どもプログラミング教室・用意するもの」と検索すると、既にお子さんを通わせている方々のSNSやブログを目にできました。ここで必要なものとして挙げられているのは、「パソコン」「タブレット端末」「ホワイトボード」の3点。

パソコンはプログラムを構築するためには必須アイテムであり、お子さん専用に用意するのが望ましいでしょう。タブレット端末で代用することもでき、この場合は10インチほどの大きな画面を有したものがよいと口コミを見て知ることもできます。お子さん専用に買い与えるときは、保護者権限を利用したセーフティー設定を行うようにして、有害なサイトを閲覧できないようにしましょう。

ホワイトボードはプログラムを構築する際に、各指示項目を書き出すのに役立ちます。50cm×1m程度の大きなボードだと、ノートに各指示を書くよりも論理的なプログラミングができるので、実際に子どもプログラミング教室でも使用されているほどです。

 

小学校では今後、すべての子ども達がプログラミングに触れる機会が設けられます。コンピューター社会となっている現代に必要な学習であり、学校だけでは学べない事を子どもプログラミング教室でより深く知ることも可能です。幼い頃から慣れ親しませると、自然と覚えてよりハイレベルな学習に励めるようになるでしょう。

【港区】子ども向けプログラミング教室ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名コトミライヒューマンアカデミー
こどもプログラミング教室
リタリコワンダーリトルハッカーSTEMON(ステモン)
特徴・3歳から通える!
・コース種類と難易度が豊富
・少人数制でしっかりと指導
教材監修者は、Railsプログラマーとして2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞を受賞テキストや動画など学び方が選べる多様な教材Scratchでプログラミングした簡単なゲーム例などの無料ダウンロード可能東京都プログラミング教育推進事業者(2018年・2019年)に2年連続、選ばれた公教育実績豊富なスクール
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索