港区エリア(六本木・赤坂・麻布etc)で子どもにプログラミングを学ばせたいならココ!おすすめの教室を比較ランキングで紹介します!

子どもプログラミング教室で必要な教材

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/19

現在、プログラミング教育が授業科目として義務化される動きが進んでいるため、子どもたちの間で子どもプログラミング教室なる専門教室が多く開かれています。プログラミング教室では教材を使用してプログラミングを学びますが、どのような教材を使用することで子どもが自由にプログラミングを学ぶことができるかについて解説していきます。

遊びながら学習する教材が主である

子どもプログラミング教室でプログラミングを学習する際に使用する教材については、港区エリアの教室では主に遊びながらプログラミングを学ぶことができるテキストを利用して学習する手法を多く取り入れています。なぜなら、遊びを取り入れながら学習をすることで一種のひらめきを学ぶことを重点としているためです。難読な言語をただひたすら学ぶのではなく、どのようにすれば結果どうなるかを学ぶことを重点としているのが子どもプログラミング教室の本質です。

港区にある教室では、子どもの興味を引くテキストを利用する形でロボットを扱うことにより、実際にロボットの動作を自らが組み立てることで言語を習得するということを教室の最終目標としています。なぜロボットが言語を学ぶのに最適であるかについては、成果が目で見て確認することが容易で、その上でできないことをできるようにするにはどう工夫すればよいかを考える力を身につけることができるためです。

たとえば、運搬を主とするロボットを作成した場合、2足歩行であれば移動に時間が掛かると判断すると、脚部をキャタピラに変更すればもっと時間を短縮できるのではないかというひらめきを得ることができます。2足歩行だから早く進むことができないという問題を解決する方法を考えるきっかけができるということです。これらは、ロボットの動作プログラムも変更する必要がありますが、柔軟に物事を捉えることとひらめきを得ることを目的にロボットプログラムを港区の子どもプログラミング教室では取り入れています。

ScratchやScratchJrによるサポートがあるか

子どもがプログラミングを教室で学ぶ時に、学習をサポートする際に有効なものとしてScratchやScratchJrというアプリがあります。このアプリは、簡単にいうと、5歳や7歳の児童に対してプログラムとは何かをとてもわかりやすく解説したアプリです。スマートフォンに導入することで動作するアプリですが、無料で使用することが可能なため気軽に利用しやすいアプリといえるでしょう。

このアプリがプログラミングを学ぶことに使用されている理由は、こちらもロボットプログラムと同様、目で見て結果がわかり、その上である程度自由に自分でカスタマイズできる柔軟性があることです。ロボットプログラムにおいては、ロボットの外見を自由に自分でカスタマイズし、動作プログラムも同様に変更可能な点が学びに重要なポイントです。ScratchやScratchJrについても、動物たちの動作を自分でカスタマイズできるのがプログラミング教材として適していると評価されており、多くの教室で使用されています。

港区の教室においてもScratchやScratchJrを扱っているところが多くあるため、それらの子ども向けのプログラミングに関する基礎を学習できる教室を探せるでしょう。この2つのアプリは、ロボットによるプログラムと比較すると低学年向けに作られているため、5歳児から利用可能となっています。小さい内から言語を学ぶに適している教材なのです。

ロボットが主力だがアプリの開発という物もある

子どもプログラミング教室の教材は、主にScratchやScratchJrの他ロボットがメインです。ロボット教材においては、目で見てプログラミングが成功しているかの確認が容易であることから、港区では多数の子どもプログラミング教室が導入している教材です。

しかしながら、中にはロボット教材だけでは満足できず、さらなる言語を習得しようとする児童もいます。そうした児童においては、スマートフォン向けアプリの開発教材を使用して学習をするという教室があります。ただ、このスマートフォン向けアプリの開発については、かなりプログラミングに関して理解力がある児童のみができる内容であって、プログラミングを学び始めた段階の自動では理解できないことが多いです。また、講師についても不足しており、教室によっては教えていない項目であることも多いでしょう。

ただし、見返りの高いプログラミングに関する知識を得られるだけでなく、スマートフォンに向けたアプリを自由に作ることができることから注目されている教材の一つです。教材自体は、無料のアプリにテキストを付与する形で学習する手法が取られます。ロボットと比較すると難易度が上がるため、講師自体もアプリ開発実績のあるスタッフを雇用する必要があり、必ずしも港区に多く点在する子どもロボット教室で扱っているとは限らないのが現状です。しかし、児童のレベルアップを望むのであれば、高い言語学習をすることが可能となるため、挑戦するだけの価値がある教材です。

 

子どもプログラミング教室においては、ロボットプログラミングなど目で見て即座に理解できる教材をメインとして学習することが多いです。その上で理解力が高い児童については、スマートフォン向けアプリ開発の教室への参加によりレベルアップを図ることも子どもプログラミング教室では可能です。

【港区】子ども向けプログラミング教室ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名コトミライヒューマンアカデミー
こどもプログラミング教室
リタリコワンダーリトルハッカーSTEMON(ステモン)
特徴・3歳から通える!
・コース種類と難易度が豊富
・少人数制でしっかりと指導
教材監修者は、Railsプログラマーとして2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞を受賞テキストや動画など学び方が選べる多様な教材Scratchでプログラミングした簡単なゲーム例などの無料ダウンロード可能東京都プログラミング教育推進事業者(2018年・2019年)に2年連続、選ばれた公教育実績豊富なスクール
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索