港区エリア(六本木・赤坂・麻布etc)で子どもにプログラミングを学ばせたいならココ!おすすめの教室を比較ランキングで紹介します!

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像1

おすすめポイント児童教育の歴史と実績から生まれた教室
会社名 ヒューマンアカデミー株式会社
英文社名 Human Academy Co., Ltd
本社所在地 【本社】
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル5階
【登記上の本社】
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエアビル1F
設立 2010年4月
事業内容 キッズ・ジュニアスクール児童教育&FC事業
学童保育事業
通信制高校サポート校
全日制専門教育スクール
海外進学・留学サポート事業
外国人向け日本語教育事業
カルチャースクール事業
社会人教育(通学講座/通信講座/eラーニング)
MBA取得プログラム
企業内研修・行政受託
コマース事業
保険代理店事業

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室は、児童教育の歴史と実績から生まれました。『お子さまが自分から通いたくなる』ノウハウを活かし、レッスンを実施しています。

プログラミング学習の初期段階では、つまずくこともあります。しかし、こどもプログラミング教室では「楽しく学べる」を追求したオリジナル教材を開発しているので、パソコン初心者やプログラミング初心者でも安心してレッスンを受けられるでしょう。

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

児童教育の歴史と実績から生まれた教室

公式サイトで詳細を見る

「自発的に考え、試行錯誤する」カリキュラム

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像2

こどもプログラミング教室は、従来の『受け身型』の習いごとではありません。子ども一人ひとりの学習レベルや個性を把握しつつ、子どもが『自発的に考え、試行錯誤する』ことを重点に置いたカリキュラムを提案しています。

プログラミング学習の初期段階では、子どもから人気の「謎解き」からスタートします。その後はキーボードに触れて、少しずつパソコンに慣れていくのが大まかな流れです。

子どもがパソコンに慣れてきたら、プログラミングのアプリやツールを使って、ゲームやアニメーションを作成します。こうした「遊び」を続けていくうちに、いつの間にかプログラミングの仕組みが分かってきます。

塾のように座学で勉強するのではなく、手を使いながら考えるので、楽しみながら集中できるでしょう。こうしたレッスンを3年続ければ、言語プログラミングができるレベルにまで到達できます。

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

児童教育の歴史と実績から生まれた教室

公式サイトで詳細を見る

子どもの学習段階に合った3つのコース

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像3

こどもプログラミング教室は、子どもの学習段階に合った3つのコースを用意しています。徐々にステップを踏んで学ぶことで、初心者でも確実にプログラミングの知識が身に付けられます。

3つのコースの受講期間は、それぞれ1年間です。そのため、各コースに通った場合、受講期間はトータルで3年間となります。

それでは、各コースの特徴をチェックしていきましょう。

ベーシックコース(1年目)

基本的なパソコンの操作方法や、アニメーションやゲームをプログラムで作成するコースです。受講対象は小学3年生以上を推奨しています。

入会時のスタートアップ講座ではScratchの基本的な使い方を学びます。パソコンに慣れたらプログラムの作成に移行し、最終的にはプログラム改造検討を発表するのが目標です。

ほかの子どもの発表を聞く中で、柔軟な思考が身に付けられます。スタンダードでありながらも、プログラミングで大切な「自分で考える力」「改造と改善の繰り返し」が習得できるコースと言えるでしょう。

ミドルコース(2年目)

ベーシックコースよりも、子ども自身が考えて作成する機会が多いコースです。「キーボード入力」「ファイル操作」などのパソコン機能を使いながら、プログラムを作成します。

受講対象はベーシックコースを修了した子どもです。月に2回レッスンで完結するので、ベーシックコースよりも期間が短いのが特徴です。

1回目は、教材を使ってプログラムを作成します。子どもが「目的」を意識できるように進めていくのがポイントです。

2回目は応用製作として、プログラムの改造・発表を行います。作成したプログラムの動作を慎重にチェックしながら、着実に完成へと近づけていきます。

アドバンスコース(3年目)

プロも使用する「JavaScript」という、Webページを動かすプログラムを活用して、本格的なゲームをつくるコースです。文字入力や、ファイルの操作など、高度なパソコンスキルも習得できます。

受講対象はミドルコースを修了した子どもです。ミドルコースと同様に、月に2回レッスンで完結します。

大まかな内容は、ミドルコースと変わりません。1回目は、教材を使ってプログラムを作成し、2回目にプログラムの改造・発表を行います。

どのコースも対象学年が小学3年生以上(前段階のコースを修了している)ですが、小学3年生以外の子どもであっても、知識や経験値によって、入会できるケースがあります。詳しくは、お近くの教室の体験授業にて相談してみましょう。

熟練の講師が親身に教えてくれるアット―ホームな空間

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像4

こどもプログラミング教室は、熟練の先生に相談しながら課題解決に取り組める、アットホームな雰囲気も魅力です。大井町校では、年齢が異なる子どもたちが課題に取り組んでいます。

受講コースが異なる子どもが集まった場合は、2人の講師がつくといった柔軟な対応も見られました。教室にもよりますが、こどもプログラミング教室は女子からの人気も高く、男女比率が同じになるケースも少なくありません。

女子からの人気が高い理由は、教材の監修を務める鳥井雪氏の存在が大きいでしょう。鳥井雪氏は、プログラミングに親しみ、技術を身につける手助けをする世界的なコミュニティ「RealsGirls」を日本で普及させた第一人者です。

その功績を認められ、2013年には楽天テクノロジーアワード ルビー賞受賞しました。RailsGirlsの創始者の一人、リンダ・リウカスによるプログラミング教育絵本の翻訳にも携わっています。

こどもプログラミング教室のホームページにて、プログラミングにまつわるコラムを配信しているので、気になった方はチェックしてみましょう。

まずは体験授業に参加してみよう

今回は、ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室について紹介してきました。子どもの学習段階に合わせた段階的なコースや、「楽しく学べる」を追求したオリジナル教材、アット―ホームな空間が魅力の教室です。

こどもプログラミング教室は、体験授業も実施しています。「子どもの未来をひらくプログラミング教室」(保護者の方の同伴必須)を始め、実際に子どもが教室でレッスンを体験しながら、教室の雰囲気やプログラミングの楽しさを実感できます。

体験授業の当日予約は行っていません。ホームページ上は2日前まで、電話の場合は前日までに申し込んでおきましょう。

近くの教室で体験授業を実施していない場合は、個別相談も受け付けています。こどもプログラミング教室のホームページの申し込みフォームにて予約してみましょう。

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の画像

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

児童教育の歴史と実績から生まれた教室

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索

【港区】子ども向けプログラミング教室ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名コトミライヒューマンアカデミー
こどもプログラミング教室
リタリコワンダーリトルハッカーSTEMON(ステモン)
特徴・3歳から通える!
・コース種類と難易度が豊富
・少人数制でしっかりと指導
教材監修者は、Railsプログラマーとして2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞を受賞テキストや動画など学び方が選べる多様な教材Scratchでプログラミングした簡単なゲーム例などの無料ダウンロード可能東京都プログラミング教育推進事業者(2018年・2019年)に2年連続、選ばれた公教育実績豊富なスクール
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく