港区エリア(六本木・赤坂・麻布etc)で子どもにプログラミングを学ばせたいならココ!おすすめの教室を比較ランキングで紹介します!

STEMON(ステモン)の画像1

おすすめポイント感覚や実体験で学ぶことを重視している本格的な教室
会社名 株式会社ヴィリング
英文社名 Viling inc.
本社所在地 東京都杉並区天沼3-12-10 エノモトビル3階
03-6915-1324
設立 2012年10月10日
資本金 40,000,000円
代表者 中村一彰
事業内容 STEMスクール事業
アフタースクール事業
企業研修事業

ステモン赤坂校
東京都港区赤坂9-2-16(イートンハウスインターナショナルプリスクール内)

STEMON(ステモン)は、繰り返し復唱や暗記よりも感覚や実体験で学ぶことを重視しているプログラミング教室です。トライ&エラーを続けながら、ものづくりに取り組む中で、子どもは思考力や問題解決能力、自発性が養われます。

そのほか、論理的思考や理数系科目の基礎、キャリア教育の育成も目指しています。特別なトレーニングを受けたインストラクターによる授業を受けられることから、より専門性の高い授業が受けられるでしょう。

STEMON(ステモン)の画像

STEMON(ステモン)

感覚や実体験で学ぶことを重視している本格的な教室

公式サイトで詳細を見る

「作って、動かして、試して学ぶ」メソッドが強み

STEMON(ステモン)の画像2

STEMONという教室名は、「STEM教育」からきています。STEM教育とは、「Science(科学)」「Technology(先端技術)」「Engineering(工学技術)」「Mathmatics(数学)」の4つの教育です。

「作って、動かして、試して学ぶ」をモットーに掲げるSTEMONは、多くの方から信頼されており、全国に80教室を展開しています。従来は通学コースだけでしたが、近年は自宅でオンライン学習できる「STEMONオンラインコース」が利用できるようになりました。

石原正雄氏によるオリジナルのカリキュラム

STEMON(ステモン)の画像3

STEMONは、世界的に有名なプログラミング教育ソフト「Scratch」の開発者の一人でもある石原正雄氏によるオリジナルカリキュラムが魅力です。STEMONのオリジナルカリキュラムは、2015年度に多摩市愛和小学校にて3~6年生を対象に、プログラミング授業で取り入れられました。

2018年、2019年度には、東京都教育委員会による「東京都プログラミング教育推進事業」にも選定されています。さらに、2017年、2018年度には、大阪市教育委員会による「大阪市プログラミング教育推進事業」に選ばれました。

つまり、STEMONのオリジナルカリキュラムは、実際の教育現場から教育委員会にまで、厚い信頼を寄せられているのです。

オリジナルカリキュラムの内容

STEMONのオリジナルカリキュラムには、主に「理科(物理領域)」「算数」「ゲーム」「ロボット」「プログラミング」「コンピュータサイエンス」といった範囲の広い分野が含まれています。プログラミングに限らず、理数系の内容も総合的に学べるでしょう。

世界最高水準と言われる「米国マサチューセッツ州の児童理工教育カリキュラム」を元にしてつくられているのも大きなポイントです。

STEMON(ステモン)の画像

STEMON(ステモン)

感覚や実体験で学ぶことを重視している本格的な教室

公式サイトで詳細を見る

STEM教育コースは4つのクラスに分かれている

STEMON(ステモン)の画像4

STEMONのコースは、大きく分けて2つあります。「STEM教育コース」と「プログラミング&ロボティクスコース」です。

STEM教育コースは、物理とプログラミングの両方が学べる理数IT総合コースです。対象年齢や難易度が異なる4つのクラスに分かれています。それぞれ学習内容が異なるので、子どもに合ったクラスを選びましょう。

キンダリークラス

科学・技術・工学・数学の4領域を総合的に学びながら、ものづくりの基礎を身につけるコースです。対象は年中・年長なので、ブロックを使って身近なものをつくるといった内容が取り入れられています。

ブロック遊びを通じて、子どもの図形や数に対する関心を高めます。さらに、ものをつくる中で、ものづくりの理論も学べるでしょう。

プログラミング学習では、ロボットやボードゲーム、タブレットなどを使いながら、プログラムを組み立てる基本的な知識も身につきます。

ベーシッククラス

4領域に加えて、物理の原理やプログラミングを学ぶクラスです。対象は小学1~2年生で、ブロックや電子教材を活用して、道具や機械の仕組みを知っていきます。

平面と立体、てこの原理、車輪と車軸、摩擦、力と運動など、学校では学べない分野が学べるのが特徴です。プログラミングの学習では、タブレットやロボット教材を使って、オリジナルの作品をつくります。

ゲーム開発やロボット制御もカリキュラムに含まれているので、ベーシックでありながらもかなり専門性の高い内容が学べるでしょう。

アドバンスコース

4領域のほか、理科やプログラミングの応用的な内容が学べるクラスです。対象は小学2~3年生です。モーターを使った学習や、ゲームやメディアアートの製作にも挑戦できます。

エリートクラス

パソコンやタブレットを使って、コンピュータサイエンスの基礎を学ぶクラスで、対象は小学3~4年生です。基本的には、アドバンスクラスを修了した子どもが対象となります。

プログラミング&ロボティクスコース

STEMON(ステモン)の画像5

アドバンスクラスまたはキッズエリートクラスを修了した子どもは、プログラミング&ロボティクスコースに進級します。基本的には、毎回パソコンを使って、問題解決能力や課題発見能力などを学びます。

「ゲームクリエイター編」と「ロボットクリエイター編」の2つの領域に分かれています。より専門性の高い内容なので、対象は小学4年生以上のコースです。

ゲームクリエイター編

ビジュアルプログラミングアプリケーション「Scratch」を活用してゲームを開発する領域です。ゲームやアニメ、アートの製作がメインです。

シューティングゲームやパズルゲーム、着せ替えゲームなどをプログラミングで制作なども実践できるので、クリエイターを目指す子どもには最適です。

ロボットクリエイター編

センサーやモーターを駆使してロボットづくりの基礎を学ぶ領域です。具体的には、物理基礎、ライントレース、荷物配送ロボット、サッカーロボット製作などに取り組みます。

過去にはアームロボットをつくった実例もあります。アームロボットの製作では、加速度センサーでロボットを移動させたり、タッチセンサーでアームを動かしたりするなど、実践的な内容が盛り込まれていました。

凄腕インストラクターによる授業と豊富な教材も魅力

STEMON(ステモン)の画像6

凄腕インストラクターによる授業と、豊富な教材もSTEMONの魅力です。授業は「アジアSTEM教育連盟」が規定する特別なトレーニングを受けたインストラクターが講師を担当しています。

ワンツーマンではなく、複数の子どもが同じ教室で受講するスタイルなので、仲間と協力し合いながら、協調性を育むことができます。少人数制なこともあり、子ども同士が仲間として深く関わるのもメリットです。

STEM教育コースでは、プログラミングのアプリ「スクラッチ・ジュニア(Scratch Jr)」「ライトボット(Lightbot)」をタブレットで使用して、レッスンを行います。プログラミング&ロボティクスコースでは、パソコンで「スクラッチ(Scratch)」「スタディーノ(Studuino)」などのソフトを使います。

体験授業を受けてSTEMONの魅力を体感しよう

今回は、STEMONについて紹介してきました。STEMONは感覚や実体験で学ぶことを重視している本格的な教室です。教育現場でも取り入れられているオリジナルカリキュラムをもとに、ツールやアプリを駆使しながら、楽しくプログラミングが学べます。

STEMONでは、無料体験も実施しています。実際に教室へ訪れることで、教室の雰囲気やレッスンの難易度なども分かるでしょう。入会を検討している方は、STEMONの公式ホームページから無料体験を予約してみてください。

STEMON(ステモン)を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

子供の意見を尊重してくれる

子供を見守り、意見を尊重して頂いてる感じがしてとても良かったです。否定する事なく子供の発想に寄り添っている様に見えました。

引用元:https://coeteco.jp/

→子どもの自主性や創造性を高めるには、子どもの意見を否定せず尊重してあげることが大切です。プログラミング教室の中には、プログラミングに関するスキルや知識はあるものの、子どもへの接し方はよく分かっていないような人が講師を務めているところもありますが、STEMON(ステモン)では「アジアSTEM教育連盟」が規定する特別なトレーニングを受けたプロが講師を務めるので、安心してお任せすることができるでしょう。

いつもより高度な内容をさせてもらえた

scratchをやらせてもらいました。
学校などでやったことがあったのですが、いつもやってることより、高度な内容をさせてもらえたようなので、良かったです。

学校などでやったことがあったので、先生が作ったプログラムを見ながら、どんどんやっていて楽しそうでした。

引用元:https://coeteco.jp/

→学校でもプログラミングの授業がありますから、習熟度は子どもによって異なりますよね。STEMON(ステモン)には、年齢やレベル別に複数のクラスが用意されています。こちらの投稿者さんのお子さんのように、プログラミングをすでにやったことがある子どもに対しては、基礎ではなくより高度な内容をやらせてくれるので、子どもも退屈することなく、さらに専門的な知識やスキルを深めることができるでしょう。

STEMON(ステモン)の画像

STEMON(ステモン)

感覚や実体験で学ぶことを重視している本格的な教室

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索

【港区】子ども向けプログラミング教室ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名コトミライヒューマンアカデミー
こどもプログラミング教室
リタリコワンダーリトルハッカーSTEMON(ステモン)
特徴・3歳から通える!
・コース種類と難易度が豊富
・少人数制でしっかりと指導
教材監修者は、Railsプログラマーとして2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞を受賞テキストや動画など学び方が選べる多様な教材Scratchでプログラミングした簡単なゲーム例などの無料ダウンロード可能東京都プログラミング教育推進事業者(2018年・2019年)に2年連続、選ばれた公教育実績豊富なスクール
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく